法律のこと、網羅しています。

少女対象ミスコンテストへの規制

少女を対象とした「ミスコンテスト」をめぐり、フランスで激しい論争が起きているそうです。
16歳未満の子どもが対象の「ミスコン」を禁止する法案がこのほど、フランス上院で承認され、下院での審議を待っているのです。
法が成立すれば、主催者はもちろんこうしたコンテストへ16歳未満が参加することを手助けしたり、参加を勧めたり、容認した人に、2年以下の懲役と最大3万ユーロ(約400万円)の罰金が科されることになるそうです。
少女を対象にしたミスコンは、日本でも行なわれており、代表的な「全日本国民的美少女コンテスト」の募集年齢は12歳から20歳です。
アイドルの若年化も著しい日本の芸能界ですが、未成年を対象としたコンテストや芸能活に規制はあるのでしょうか。
日本では、法で規律することはせずに、保護者の判断に委ねられているというのが現状です。
規制に賛成する側の意見は「ミスコンは子どもを性的な商品扱いするものだから、規制すべきだ」という主張で、反対側の意見は「政治が介入すべきではなく、親の判断に委ねるべきだ」という主張でしょう。
こうした議論は、子どものミスコンが盛んなアメリカでも盛んになされているようです。
日本では、ミスコンについては「保護者の同意があれば参加できる」とされています。
アイドルや子役タレントのような場合、労働基準法では、原則的に中学生以下を働かせることはできませんが、映画や演劇などの芸能活動については、条件付きで例外的に13歳未満についても働かせることができるとしています。
深夜労働については時間規制があり、演劇などへの13歳未満の子役の出演は、午後9時までとされています。
ただ、子役タレント・アイドルがテレビなどでめざましい活躍をしているのを見ると、日本は、子どものタレント活動に寛容な社会と言えそうですね。